子供の名前を命名する際、守るべき常識ルール!

命名には法律で決められた漢字を使用しよう

子供の名前を命名する際に使用する漢字ですが、名前に使用できない漢字があるということを知らない人も多いようですね。普段よく見かける漢字でも、それが名前の漢字として使用出来ないものも多くありますので、名前の漢字を考える時はしっかり確認することが大切でしょう。使えない文字としてアルファベットや算用数字にローマ字なども使用できません。また悪い意味のある漢字なども使用できませんので、しっかりと姓とバランスがよく変な意味にならないような漢字を選びましょう。

命名する名前は慎重に決めよう

子供に名前を命名後に出生届を提出しますが、出生届を提出と同時に戸籍に記載されます。名前が一度でも戸籍に記載されてしまうと、名前の変更をするのはとても難しいという点を忘れないようにしましょう。子供の命名をつけてはみたけど変更したいといったことや、後になって名前の漢字が変な意味になると気がついても変更はできません。その為、名前はしっかり夫婦で話し合ってきめ画数などの確認も間違いがないように確認しましょう。出生届を出すまで慎重に、何度も確認し決めることが大切ですよ。

命名に長さの決まりはないけどほどほどに

子供の命名をする際に、他とはちょっと違った特徴をもたせたいと人も多いでしょう。命名する際に名前の長さなどに、特に決まりなどはありませんが、あまり長すぎるのは控えるようにしましょう。長ければ特徴のある名前にはなりますが、名前を呼ぶのも記入するのも大変になります。テストでのマークシートなど名前の記入欄の枠が決められていることもあり、子供が成長することで長い名前によって困ることがないように、ある程度の長さの名前にするようにするのが良いでしょう。

姓名判断を受ける目的は今後の人生に役立つ情報を知るきっかけをつかむためで、満足ができるように自分に適した方法を探すと効果があります。